住職紹介


人間繁盛をテーマに 新しい寺づくりを目指す 井本全海 住職

住職私は昭和40年25歳の時に母が創業した質商を引き継ぎましたが、私にあまり合わないので、昭和51年に大阪市中央区南船場で宝石卸「丸善」を創業し、商売の現場で約50年、人の扱いに大苦戦しながら経営者として商売繁盛を目指してきましたが、なかなか上手くいきません。バブルがはじけて、業績が大幅に落ち込み、頼りにしていた右腕がライバル会社を立ち上げ、社員やお客やメーカー等も離れ、スポンサーも尽き、大ピンチに陥りました。
それをきっかけとして商売繁昌は先ず己の人間繁盛からと気づき、経営学より人間学の方が大切だと考え私の師匠である芳村思風先生の「感性論哲学」を始め、「倫理法人会」、人間学専門誌「致知」や多くの勉強会、先哲のたくさんの書物などで自分自身の人間力向上と内外の人間教育に全力で取り組んで参りました。
勝光寺の方も当初より母(凡勝)のお手伝いをしながら信者様の方々や悩みを持たれた方と広く関わり、生の人間学を多く学びました。現在は会社(丸善・G&Gカオキ)を息子達に任せ、私は高野山に入山し、本格的に弘法大師(空海)の真言密教と僧侶の勉強に取り組み、3年程かけて僧籍を得ました。
私はご降臨された不動尊と開山の凡勝住職の意志を引き継ぐと共に新しい寺のあり方を真剣に模索しています。先ず、この大自然に恵まれた素晴らしい勝光寺環境を憩い・癒し・修錬・信仰のコミュニティの場として広く開放させて頂きます。そして、今までの多くの学びと苦い経験を大いに生かして、私と寺のテーマでもあります「人間繁盛」を求める人達の応援寺とし全身全霊で取り組んでいます。ご指導、ご支援の程をよろしくお願いします。
他のお寺も若者を育てる寺子屋塾の開校を応援致しております。
皆様のご意見・ご要望をお待ちすると共に、新しい試みを計画いたしておりますので是非、皆様のお手伝いやサポート、ボランティア、インストラクター等の同志を求めています。

井本全海 (僧名) プロフィール 【井本勝夫(本名)】住職

1939年 大阪で生まれる
1965年 母が創業した「みよし質舗」を引き継ぐ 和歌山大学中退
1976年 宝石・貴金属製造輸入卸 大阪船場に〔丸善〕創業
1986年 南船場宝飾現金卸連盟 創設 初代会長(6年間) 
宝石の街づくりの仕掛け人(200社が集中)
1998年 芳村思風先生の「感性論哲学」を学ぶ会「大阪思風塾」を立ち上げる
2001年 大阪中央区倫理法人会 設立 初代会長
2003年 人間繁盛寺子屋塾(勝光寺)を開塾 塾頭
2004年 「勝光寺」開祖 井本凡勝他界により住職を承継
2006年〜 高野山に入山し真言密教と僧侶の勉強に取り組む
2007年 ダイヤモンド専門店〔G&G カオキ〕OPEN
2008年 高野山真言宗の僧侶の資格を得る (株)丸善の社長を退き会長に就任
2010年 「就活塾」を立ち上げ 就職を獲得し仕事のできる若者の育成
2013年 「人間繁盛の法則」を致知出版社より上梓‥‥好評により3刷

【ボランティア・サポーター・インストラクター・研修生・僧侶見習等 募集】
人間繁盛応援寺の趣旨に賛同していただけ、このお寺の素晴らしい環境をより高め、少しでも多くの皆様や若者達に喜んでいただける新しい寺づくりに応援・サポート・ボランティアを していただける同志を求めます。
また寺で自分を高めようとする研修生や事業や寺院の後継者や僧侶や仏道を目指す人を長期で受け入れます。
【無料進呈】
私の「人間繁盛 商売繁昌」の講演の資料等をご希望の方は差し上げます。